Step up English 中学英語であなたの世界が変わる!

あなたの頭の中に英語回路を作るナビゲータ―のKayです。 アメリカでの生活、英語学習、介護の事などの記事を発信します。

英会話初級者のために必要なこと~スピーキングトレーニング~

ブログを始めて読まれる方は、こちらをご覧ください。

 これは、英会話初心者・初級者のための情報です。英会話を習っているのに、なかなか英文が頭に入ってこない方、英語が難しいなどと思われて、英語に遠ざかっていらっしゃる方などに読んでいただければ嬉しいです。

 

アメリカでも日本でも、日本人の英語初級者に足りないと感じるのは、話す訓練、スピーキングトレーニングです。ここでは、簡単な英文を繰り返し、口に出していう反復練習をすることです。 

英会話初級者のためのスピーキングトレーニングとは?

            [目次]

 

 

 英会話はスポーツと同じように、基礎トレーニングが必要

 

f:id:stepupenglish:20200523153118j:plain

 

 スポーツをされたことがある人は、基礎トレーニングがいかに大切かがお分かりだと思います。基礎トレーニングなしで、試合に勝つことはできません。英会話の場合は、この基礎トレーニングにあたるのが、「スピーキング トレーニング」です。そして外国人といきなり会話することになることが試合と言えるかもしれません。


例えば、テニスや卓球では、素振りをして、型を身につけます。この素振りをしっかりしないと、相手からくる球に、反応できません。これを英会話でいうと、基礎になる英文パターンの型を習得するトレーニングです。いきなり話しかけられても英語がでてきませんよね。瞬間的に英語を話せるようになるには、スポーツと同じように、トレーニングが必要です。


英会話スクールやオンライン英語のクラスを長く受講していても手ごたえがなかったら、このトレーニングが不足しているからと言えます。英文でなく、単語だけでも意思疎通は図れますが、説明不足になったり、思いが伝わらなかったりします。ですから、スポーツ同じよう、スピーキングトレーニングで、基礎力をつけることが、長期的にみると、英会話習得の早道となります。

 

スピーキングトレーニングに必要なのは中学英語レベル

英語の資格(TOEICや英検など)を持っていたり、英文科卒の人でも英会話が苦手だと言われる方が多いです。私は、英会話初級者には、まず、スピーキングトレーニングをされてから、資格試験等の勉強をお勧めします。


私の経験ですが、英文学科の学生時代、先生の紹介で、大学の米人講師とシェアハウスをしました。リスニングの力はまあまあついたのですが、話したいことの半分も言えなくて、悔しい思いをしました。留学しても英会話がうまく話せない人と同じですね(笑)。社会人になり、あるきっかけで、中1程度の英会話のテキストをマスターしたころから、自分が日本語を介さず、英語を英語のまま理解し、話していることに気づきました。目から鱗でした!


そうです。単語をたくさん覚えたり、英文を多読する必要はないんです。中学程度の基本的な英文のパターンを身につけることで、英語回路(日本語を介さずに英語を英語で理解する回路)ができます。

ということは、中学生の時に、このトレーニングをすれば、誰もが話せるようになるということです。「日本の中学生なら、日常英会話程度はできる」と言えるようになるのが私の夢のひとつです。これから、人口が減る日本においては、語学力の高い人材が必要になると思います。

スピーキングトレーニングにもメニューが必要

f:id:stepupenglish:20200523153143j:plain

スポーツでは、トレーニングメニュー(素振り、筋トレ)をコーチや監督が作ってくれますが、英会話でも、トレーニングの順序や方法が大切です。これを効率的に行うことで、スピーキング力だけでなく、リスニング力も上がるからです。

たとえば、最初に発音の基礎を勉強すると、スピーキング力とリスニング力をより効果的に上げることができます。英文法の基礎も知っていると、トレーニングがスムーズにいきます。筋トレと同じように、効果的な順番があるのです。

 

このように、英語のスピーキングトレーニングにも、適切な順序、方法、学習メニューが必要です。これがうまくいくと、短期間で、頭に英語回路ができます。英語回路ができるとは、英語を日本語に変換することなく、そのまま理解する回路を作ることができるということです。私はそれを「英語回路を作るスピーキングトレーニング」と呼びます。


まとめ
・英会話はスポーツと同じように、基礎トレーニングが必要
・スピーキングトレーニングに必要なのは中学英語レベル
・スピーキングトレーニングにもメニューが必要

 

 英語難民になっている皆さん、英会話がうまくできないのは、ただ、学習方法が効率的ではなかったという事です。中級者、上級者の方々は、独学、留学、ビジネスですでに基礎トレーニングを済まされています。初級者もこのことを意識して、スピーキングトレーニングを行うと、次のステップに上がることができると思います!

 

具体的にどのようなトレーニングをするのか、学習メニューについては、次回、私の「英語回路を作るスピーキングトレーニング」でお伝えします。

 

f:id:stepupenglish:20200525150514j:plain

 

最後まで読んでいただいて有難うございます。

英語のレッスンや内容については、右側のお問い合わせフォームからお尋ねください。

Kay