Step up English 中学英語であなたの世界が変わる!

あなたの頭の中に英語回路を作るナビゲータ―のKayです。英語を基礎から見直し、夢実現を目指すあなたを応援します!

アメリカで正社員になるまで(第7話 目標達成)

アメリカで正社員になるまで(第7話 目標達成)

あなたの頭の中に英語回路を作るナビゲーターのKayです。

 

前回までのお話

大学のコースを修了後、就労ビザをサポートしてくれる会社を

探すために就職活動を開始。ケンタッキー州の会社から

最終面接のオファーがあり、面接を受けるために、

カルフォルニア州を出発。レンタカーで奮闘しますが、

翌日、ケンタッキー州の会社にようやく到着。

いよいよ、最終面接です。

会社に到着した喜び

極度の緊張感から解放され、会社に到着した喜びで、

私は気持ちがぱっと明るくなりました。

嬉しくて、嬉しくて、誰を見てもニコニコ笑顔。

すでに、その日の仕事が無事終えたような思いと

なぜか、笑いが止まらない?って感じでした。

 

f:id:stepupenglish:20201203131512j:plain

 

最終面接 

私はすぐに会議室に案内され、アメリカ人職員3名、

日本人職員1名に囲まれて、面接は始まりました。

 

緊張する時間がまったくありませんでした。

就職斡旋会社の担当者から、面接や会社に関する資料を

事前にいただいていたので、今回も大変助かりました。

日本人職員に通訳をするよう言われる時もありましたが、

どうにか切り抜けました。

 

現実に引き戻される

面接が終わり、ほっとして、私は会議室を出ました。

 

すると、日本人の女性が2名、面接を待っている姿が

目に入りました。その時です。

 

私は、ようやく我に返りました。

ふたりとも、若いきれい知的魅力的...

 

その瞬間、心と体で「この面接はダメ、落ちる」って

思いました。今までの明るい気分がすっと

抜けていきました。

 

順番待ちのふたりに、軽く会釈をして会社を出ました。

 

「この仕事、忘れよう!」と自分に言い聞かせました。

それからは、ただ、無事にサンフランシスコに到着すること

だけを考えていました。会社の方からは観光して帰るよう

言われていましたが、そんな気持ちにはなれませんでした。

 

その日以来、ケンタッキーの仕事のことは諦めていました。

 

お返事がなかなか来なかったこともあり、

NYで、他の会社の面接を受けに行きました。

即戦力を求める会社で、私ではかなり力不足。

翌日に落ちたことが判明。当然の結果でした。

 

目標達成

大家さんに来年のこと、年末に日本に帰る可能性がある

ことを伝えなけれがならないと思っていた時でした。

 

就職斡旋会社の担当者から電話がありました。

「おめでとう。採用されましたよ」って言われました。

 

びっくりしました。諦めていたので、とてもとても嬉しかった

です。私を雇ってくれた会社は自動車の部品(主にTOYOTA)を

作る会社。専門用語は、会社に入ってから勉強すればいいとのこと、

翻訳、通訳業務をするアドミニスペシャリストとして雇われました。

 

f:id:stepupenglish:20201203130410j:plain

 

振り返ると、

私の就職物語は、第1話の素敵な車との出会い

から始まり、ずっと車とのご縁でつながりました。

 

自分のインスピレーションに従い、

それぞれの状況で、自分の限界を感じながらも、

もう一歩進もうとしました。

 

その度に、素晴らしい出会い、助けがあり

目標達成までたどり着くことができました。

 

Give up or go beyond limits. The choice is always ours. -Kay

 

これで、「アメリカで正社員になるまで」は終わりです。

 

その後の情報ですが、こんなラッキーな採用をしていただいたために、

会社に入ってからは、試練が待ち受けていました。当然です(笑)

 

第1話から7話まで長い間、お付き合いいただき本当に

有難うございました!

 Kay

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村