Step up English 英語を使って夢を叶える!

               人生100年時代!学び直しをして、副業、転職、起業…人生にチャレンジが必要な時が来ています。                        英語を味方にして、仕事や趣味の幅を広げ、夢実現を目指す人を応援します!

アメリカで正社員になるまで(第3話 カルフォルニア州の運転免許取得)

アメリカで正社員になるまで(第3話 カルフォルニア州の運転免許取得)

 あなたの頭の中に英語回路を作るナビゲーターのKayです。

 

  前回までのお話

車に興味がなかった私ですが、サンフランシスコ近郊の邸宅で、

黒のオープンカーに魅了され、車がいっぺんに好きになります。

大学のビジネスコースも終わりになり、いよいよ就職活動に

入っていきます。

 

就活に必要な車の免許

私がアメリカで就職活動ができるのは、12月まででした。

それが過ぎると経済的にも無理で帰国しなければなりません。

 

まず、サンフランシスコ、サンノゼ周辺の就職斡旋会社、

5、6件に、直接、足を運んで、登録しました。

 

その際、車の免許があるか聞かれました。話によると、

アメリカでは、サンフランシスコやNYのような一部の

地域を除き、車が乗れないと不自由なので、

カルフォルニア州の免許を取るように勧められました。

 

第2話に書いているように、車に対するネガティブな

イメージは払拭されていたので、まったく抵抗なく、

「はい、できるだけ早く取ります!」と言いました。

 

 

f:id:stepupenglish:20201125154604j:plain

 

カルフォルニア州の車の免許を取得

まず、近くの車両管理局DMV(Department of Motor Vehicles)

に行き、情報をゲット。筆記試験と実技試験に合格しなければ

なりません。

 

筆記試験は日本語か英語だったので、英語で受験、合格。日本の

筆記試験と比べると、ずっと易しいと思いました。

 

問題は実技試験。自分が持込んだ車で、路上試験を受けなければ

なりません。お金を節約したかったので、自動車学校に行かずに、

実技を指導してくれる先生をサイト(Craigslist)で見つけました。

 

アメリカ人の先生の車(TOYOTA Camry)で、1日1時間ぐらい

6日間ほど路上で、運転練習。日本で車の免許を取ったのが、

20年以上前。右ハンドルの事もすっかり忘れていたので、

よかったのですが、やはり車を運転することは怖かったです。

 

先生からの度たびの注意は、角を曲がる時、のろのろ運転に

なるので、後ろの車から追突される!ということでした(笑)

 

それでも慣れなのか、お陰様で実技試験を受けられる

レベルになりました。試験当日は、先生の車をお借りし

受験。めでたく、2度目の実技試験で合格となりました!

 

かった費用ですが、受験料が、$25ぐらいだったので、

先生の指導料を入れて、合計で2万円ちょっとぐらい。

日本に比べると、試験が簡単だし、とても安くで取得

できました。

 

その後の就活

それから、CraigslistやMonsterなどのウェブを

中心にし、ネットに求人を出している就職斡旋会社

には片っ端から登録。求人募集には履歴書を送りながら、

思い付くことは何でもやったと思います。

 

それでも、面接してくれる会社はひとつもありませんでした。

ほとんどの会社が、グリーンカード保持者のように

働けるビザを持っていることを条件としていましたから(泣)

 

ついに面接試験!

しかし、ついに私を面接したいという会社が出てきました!!

やった~!万歳!

 

続きは第4話です。ここまでお読みいただき有難うございました。

Kay

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村